フェイキックIOL

HOME > 当院で受けられる手術・治療 > フェイキックIOL有水晶体 > ICL

ICL (後房型フェイキックIOL: 後房型有水晶体眼内レンズ)手術

概要・特長など

ICL (後房型フェイキックIOL: 後房型有水晶体眼内レンズ)手術とは

ICL((Implantable Collamer Lens)後房型フェイキックIOL)手術は眼球内の虹彩と水晶体の間にある後房にレンズを移植して、近視・遠視・乱視を治す方法です。
LASIKが受けられない強度近視の方や角膜が薄い方に有効な屈折矯正方法です。
『ICL』は1997年にヨーロッパでCEマークを取得し、2005年には米国FDAより認可を受けています。『ICL』は12年以上の長期インプラント(移植)の実績があり、2009年12月時点で世界64ヵ国、165,000眼にインプラント(移植)されています。
『ICL』は日本国内で実施した臨床試験データを元に、2010年2月に厚生労働省より有水晶体後房レンズ(医療機器製造販売承認番号:22200BZY00001000)として承認されました。

後房型フェイキックIOLICLの素材

当院で使用している後房型フェイキックIOLは、アメリカのStaar Surgical社製のICLです。レンズはハイドロキシエチルメタクリレート(HEMA)とコラーゲンの共重合体素材「コラマー(Collamer)」からできています。生体適合性の良い素材で、半永久的にメンテナンスフリーで使用できます。387nm以下の紫外線を90%以上カットする特性も備えています。また、レンズが柔らかく折りたたむことが可能なため、レンズを眼内に入れるための切開創が小さくて済みます。

ホール(穴あき)ICL

ホール(穴あき)ICL2013年1月よりホール(穴あき)ICLを導入しました。 これまでは、眼内にICLを入れると眼内の水(房水)の流れが変わり眼圧が上がるため、虹彩切開術をおこなっていました。ホールICLはレンズの中心に作られた穴を房水が通るため虹彩切開術が不要となりました。大変小さな穴で視力への影響はありません。 遠視用などホールICLが製造されていない度数もあります。

PageTop

手術を受けられる方(対象者)

適応と禁忌

ICL手術を受けることができるのは、次の適応に該当する方です。あくまで目安ですので、詳しくは検査を受けてからの判断となります。

適応(適している人)(2010年4月現在 ICL適応ガイドライン)

  1. 年齢21歳以上(45歳ぐらいまでが望ましい)
  2. 術前の近視度数が-6.0D以上の強度近視(慎重適応:近視度数が-15.0D以上)
  3. 術前の乱視度数が2.5D以下(今後、乱視用レンズの認可で適応範囲拡大予定)
  4. 前房の深さが2.8mm以上
  5. 角膜内皮細胞密度最低値
    年齢21〜25歳 2800個/mm2以上    年齢31〜35歳 2400個/mm2以上
    年齢26〜30歳 2650個/mm2以上    年齢36〜40歳 2200個/mm2以上

禁忌(適していない人)

  1. 目の病気がある方(白内障、緑内障、網膜疾患、虹彩/ぶどう膜炎、水晶体亜脱臼、偽落屑症候群など)
  2. 散瞳不良の方
  3. 妊娠中、授乳中の方
  4. 重篤な全身疾患をお持ちの方(重篤な糖尿病、膠原病など)
  5. コラーゲンに対する過敏症のある方
  6. 全身疾患、眼科疾患を伴うことを理由として医師が不適当と判断した方
  7. 医師の説明を理解していただけない方
PageTop

ICL (後房型フェイキックIOL)手術の流れ

次の手順で手術を行います。手術室に入ってからの手術時間は片眼約20分です。

  1. 点眼麻酔をします。
  2. 耳側の白目と黒目の境目の角膜を数ミリ切開します。
  3. 切開創からICL を挿入します。
  4. ICLを虹彩と水晶体の間に挿入します。
  5. ICLの位置を調整し、良ければ目薬で瞳孔を縮めて手術は終了です。

後房型フェイキックIOL(ICL)使用免許証

後房型フェイキックIOL(ICL)使用免許証

日本眼科学会のガイドラインには、『屈折矯正手術は日本眼科学会認定の眼科専門医であると同時に、 日本眼科学会の指定する屈折矯正手術講習会、および製造業者が実施する設置時講習会の両者を受講することが必要である。』 と定められている。
当院で行う屈折矯正手術(LASIK、フェイキックIOL、角膜リング、多焦点眼内レンズ手術)はすべて上記条件を満たした 医師が行っています。

眼科専門医とは、眼科の専門教育を5年以上受け、日本眼科学会が実施する専門医認定試験により専門医制度認定証を得た医師のことで、日本の眼科医に認められている唯一の専門医制度です。

PageTop

ICL (後房型フェイキックIOL)のメリット・デメリット

メリット

デメリット

術前から術後までのながれ(治療の流れ)

受診日1

適応検査
手術が可能かどうか目を検査し、手術についても詳しくお話しします。
※検査の一つにひとみ(瞳孔)を大きく広げる目薬(散瞳剤)を使用する検査があります。点眼後4〜5時間は目薬の作用で見えづらくなったりまぶしくなったりします。車やバイクの運転は控えてください。
 

手術申し込み・日程決定
適応検査で手術が可能と診断され、手術の申し込みをされる方には『術前検査(1)』『術前検査(2)』のスケジュールを決定します。
ICLはレンズを発注してから届くまでに2週間〜1カ月(乱視用は2カ月)かかるため、手術申込みの時点では手術日を決定することができません。レンズが病院に届き次第『虹彩切開術日』と『手術日』を電話で連絡させていただきます。
また、手術当日の来院時間は手術日の前週に電話でお伝えします。ご都合の悪い場合は変更できますのでご相談ください。

術前検査の前にコンタクトレンズを装用している患者様へ・・・
コンタクトレンズを装用されている方は術前検査(1)、(2)を受ける前に装用を中止していただく必要があります。
※ハードコンタクトレンズをご使用の方は3週間前、乱視用ソフトコンタクトレンズをご使用の方は2週間前、 ソフトコンタクトレンズをご使用の方は1週間前から装用を中止してください。

受診日2

術前検査 (1)
眼内に挿入するICL度数は術前検査の結果で決定します。たくさんの検査があり大変時間がかかりますが、大切な検査ですのでご了承ください。

※検査の一つにひとみ(瞳孔)を大きく広げる目薬(散瞳剤)を使用する検査があります。点眼後4〜5時間は目薬の作用で見えづらくなったりまぶしくなったりします。車やバイクの運転は控えてください。
※注意:睡眠不足や眼精疲労の状態では、検査結果に影響する場合がありますので、体調管理に気を付けてください。

受診日3

術前検査(2) ICL発注
術前検査(1)(2)の結果に基づいてICLを注文します。レンズは発注してから到着まで約2週間〜1カ月(乱視用は2カ月)かかります。この検査が終了しましたら、コンタクトレンズは装用可能となります。

当院よりお電話にてご連絡
ICLが当院に届きましたら、ご連絡させていただきます。その時に『虹彩切開術日』と『手術日』を決定します。

受診日4

虹彩切開術(虹彩に穴をあける)
眼の中にレンズが入ると、眼内の水の流れが変わり、眼圧が上がることがあります。手術前に虹彩に2か所小さな穴を開け、レンズが入っても水の流れを妨げないようにしておきます。

レーザーは数分で終わり、ほとんど痛みはありませんが、処置後はしばらくぼんやりします。また、視野の下方で光がピカピカ光ることがあります。入浴・洗顔はいつも通りできます。

※虹彩切開は手術中に行うこともあります。
※ホールICL使用の場合は、虹彩切開術が不要です。

受診日5

虹彩切開術後の診察
虹彩切開術をした翌日以降から1週間以内に、虹彩の穴の状態を確認します。
※手術当日に診察を行うこともあります。

手術当日

手術(ICL挿入)
手術当日は朝からコンタクトレンズを装用しないでください。
手術時間は片眼約20分です。
手術後はしばらく安静にしていただいた後、医師の診察がありICLの状態や眼圧などをチェックし、問題がなければ帰宅となります。

※ICLは両眼同日に手術することができます。

術後診察

術後の検査・診察
手術後の検査・診察は、翌日、1週、2週、1カ月、2カ月、3カ月、6カ月、1年で、それ以降は1年毎となります。
手術費用には術前検査料、レンズ代金、手術施行料、手術後1年間の定期検診費用、レーザー虹彩切開術費用、手術に必要なお薬代が含まれています。以後は保険診療となります。

PageTop

ICL (後房型フェイキックIOL)手術費用

適応検査費用

適応検査費用
\10,000(税込)

※適応検査費用は受診前にお支払いいただきます。検査後、手術適応の可否にかかわらずお支払いいただきました料金につきましてはご返金致しかねますのでご了承ください。

手術費用

片眼
¥300,000 (税込)
  レンズ代金¥200,000を含む
両眼
¥600,000 (税込)
レンズ代金¥400,000を含む

※手術費用には術前検査料、レンズ代金、手術施行料、手術後1年間の定期検診費用、レーザー虹彩切開術費用、手術に必要なお薬代が含まれています。

※術前検査(2)が終了したらレンズを発注致します。レンズ代金として片眼¥200,000、両眼¥400,000を術前検査(2)に来院されたお帰りの際に1階会計でお支払いください。レンズ発注後に患者様のご都合でキャンセルされた場合は返金できませんのでご注意ください。

※手術当日に手術費用の残金をお支払いいただきます。来院されましたら1階会計にお立ち寄りください。
( 片眼:¥100,000 (税込)  両眼:¥200,000 (税込) )

追加手術費用

レンズ入れ替え 片眼 ¥150,000 (税込)
LASIKによる追加矯正 片眼 ¥100,000 (税込)

お支払方法

お支払いは、現金またはクレジットカード(JCB,VISA,マスター,DC,ミリオン,アメックス,オリコ,セゾン,各種クレジットカードの取り扱いも可)の一括払いとなっております。費用の件で何かご不明な点がありましたら1階受付にお尋ねください。

生命保険の取り扱いについて

フェイキックIOL手術は保険適応外で自由診療となります。ご自身で生命保険にご加入の場合、生命保険会社およびご契約内容によっては手術代金の一部が支払われる場合があります。詳細につきましてはご加入の生命保険会社にお問い合わせください。

http://www.icl-info.com

PageTop

文字サイズを標準に 文字サイズを大きくする