フェムト病

HOME > 当院で受けられる手術・治療 > フェムト秒(セカンド)レーザー 白内障

概要・特長

フェムト秒(セカンド)レーザーを用いた白内障手術

従来の白内障手術について

白内障はカメラで例えると、レンズの部分にあたる水晶体が濁る病気です。進行してくると、かすみが生じ視力が低下したり、まぶしくなります。白内障手術はこの水晶体を人工の眼内レンズに入れ換える手術で、世界で最も多く行われている外科的手術です。従来の白内障手術は、(1)強角膜を切開します。(2)術者が針や鑷子(せっし)で水晶体の前方の膜(前嚢(のう))を円形に切開します。(3)数ミリの切開創から超音波を挿入し、水晶体を小さく破砕し吸引します。(4)水晶体に換わる眼内レンズを、嚢(のう)の中に固定して手術は終了します。

(1)強角膜を切開します。
(2)針や鑷子(せっし)で前嚢(のう)を
円形に切開します。
(3)超音波で水晶体を
小さく破砕し、吸引します。
(4)水晶体に換わる眼内レンズを
嚢の中に挿入し ます。

フェムト秒(セカンド)レーザーを用いた白内障手術について

近年、LASIKや角膜移植などの手術に用いられているフェムト秒レーザー技術が、白内障手術にも取り入れられるようになりました。従来、術者の「感覚」や「経験」に頼って行われてきた『角膜切開』、『角膜減張切開』、『水晶体前嚢(のう)切開』、『水晶体分割』を必要に応じてフェムト秒レーザーで行います。フェムト秒レーザーを使用すると、コンピューター制御下で安全かつ精密に、計画通りに手術を行うことができます。

フェムト秒(セカンド)レーザーを白内障手術に使用する背景

白内障手術は従来の方法でも十分安全に施行できますが、このレーザー技術が白内障に応用される理由には次のような背景があります。

眼内レンズは、従来1点にしかピントが合わなかった単焦点眼内レンズから、現在はプレミアムレンズと呼ばれる乱視矯正眼内レンズ・多焦点眼内レンズ、また両機能を合わせ持つ眼内レンズなど、より多彩な機能を持った眼内レンズを使用するようになりました。プレミアムレンズはより正確に水晶体の嚢(のう)に固定しなければレンズの効果が十分発揮できません。そのためには前嚢切開をレンズのサイズに合った大きさ、位置に正円で正確に作成する必要があります。このように高度な精度を必要とするときには、人間の技術よりコンピューター制御下で緻密に行うレーザー治療が優れています。

フェムト秒レーザーは眼内レンズの進化とともに発達し、白内障手術、特にプレミアムレンズを使用する際に必要不可欠となってきたのです。

当院は2014年、AMO社のカタリスレーザーシステム(CatalysTM Precision Laser System)を導入しました。長年にわたる開発と臨床試験を経て誕生したカタリスレーザーシステムは、業界トップクラスの精度と質の高い治療を提供する最先端白内障手術機器です。

CatalysTM Precision Laser System(AMO社)

カタリスレーザーシステムの特徴

カタリスに搭載されているフェムト秒レーザーは波長1053nmの近赤外線レーザーで、1000兆分の1秒単位という非常に短い時間でレーザーが照射されます。このレーザーは熱を発せず組織への侵襲がありません。光ディスラプション(光切断)と呼ばれるプロセスにより精密に角膜や水晶体を分離します。数十ミクロンレベルでの正確な切開を実現する業界トップレベルの精度を誇ります。(※髪の毛1本の平均幅は85ミクロン)

しかし、レーザーの精度が良くても眼球の構造を正確に把握できなければ、正しい場所にレーザーを照射することができません。カタリスのもう一つの特徴は眼球の構造を読み取る装置である三次元光干渉断層画像診断装置(3D-OCT)の情報量が非常に多いことです。下図のように水晶体中央部からスパイラル状に1万回以上スキャンすることで前眼部(角膜や虹彩など)や、水晶体の位置情報を取得し、立体構造を構築し、高性能ソフトウェアを使って個別の治療計画を作成します。これにより意図する治療部位のみへの正確なレーザーパルス照射が可能となります。

カタリスの手術計画

カタリスは3D-OCTから得られた情報(瞳孔の大きさ、角膜と水晶体の厚みや位置など)から患者様の眼に合った精密な手術計画を全自動で立てます。術者はそれをモニター画面上で確認しながら手術を行い、変更したい場合も各手術過程をタッチスクリーンで簡単にカスタマイズすることが可能です。そのため、角膜の切開サイズや形状、位置を正確に素早く設定することができます。


手術計画

(1)『角膜切開』『角膜減張切開』

手術器具や眼内レンズの挿入に必要な角膜切開を行います。カタリスは3D-OCTで得られた情報から切開位置や幅、長さなど計画通りに正確に作製することができ、術後の創口の閉鎖も良好です。

角膜切開
角膜減張切開

※わずか500μmの厚みしかない角膜を、計画通りに正確に切開することができます。

(2)『水晶体前嚢(のう)切開』

眼内レンズの挿入位置の誤差を最小限にするには、水晶体の前嚢(のう)切開を最適なサイズと形状(正円)かつ中心に作製することが重要です。そのため、従来の人による器具の操作では、熟練を要します。一方、カタリスの精度の高いレーザー技術は正確に前嚢(のう)切開を行うことが可能で、眼内レンズを意図する位置へ(主に水晶体嚢の中心に)的確に挿入することができます。これにより眼内レンズの偏位や傾きが最小限となり、術後屈折度数の誤差が少なく質の高い白内障手術が可能となります。

(3)『水晶体分割』

カタリスによる水晶体分割では、水晶体の硬さに合ったレーザー照射方法を選択することが可能で、水晶体を下図のようなグリッド模様のパターンで細かくカットします。そのため、小切開創から水晶体を吸引除去することができます。また、超音波の使用を最小限にとどめ、眼内組織への負担を軽減します。
※水晶体の分割パターン 

適応(フェムト秒レーザー白内障手術が適した方)

禁忌(フェムト秒レーザー白内障手術が適していない方)

治療の流れ

カタリスレーザーによる手術方法

レーザー室にて手術開始

手術に際しての注意事項

手術中・手術後に予測される合併症

通常の白内障手術や多焦点眼内レンズ手術に準じます。

フェムト秒レーザーを用いた白内障手術のデメリット

従来の白内障手術の方法と根本的に差はなく、大きな問題はありません。ただあらかじめ把握していただきたい事項がいくつかあります。

フェムト秒レーザーを使用しますので以下の点をご理解ください。

  1. レーザーを照射するためにサクションリングと呼ばれるリングを白目(結膜)に取り付け、吸引をかけます。この時白目に出血することがあります。出血は通常約1週間で吸収し、視力や手術の結果には影響ありません。
  2. 従来の白内障手術では手術の途中で部屋を移動することはありませんが、レーザーを用いた白内障手術は、レーザー室でレーザーを照射し、その後別室の手術室に移動する必要があります。
  3. 従来の白内障手術は約10分で終了しますが、レーザーを用いた白内障手術ではレーザー室での治療過程の時間が多少追加されます。
  4. レーザー治療中に、従来の白内障手術が適していると判断した場合には、レーザー治療を途中で中止することがあります。
  5. レーザー機器はメーカーによる保守点検、メンテナンスを必ず行い、最良の状態を維持しておりますが、急遽レーザーが可動不可能になった場合には手術日の変更もしくはレーザーを使用せず従来の白内障手術を施行することがあります。

手術費用

フェムト秒レーザーを用いた場合の追加費用

レーザーを用いた白内障手術は、従来の白内障手術に加えてフェムト秒レーザーを使用するため、フェムト秒レーザー費用が従来の白内障手術費用に加算されます。

フェムト秒レーザー使用時の加算費用

片眼
片眼¥100,000-(税込)
両眼
両眼¥200,000-(税込)
例)単焦点レンズ挿入+フェムト秒レーザー使用
片眼¥250,000-(税込)
内訳 単焦点眼内レンズ手術費用
片眼¥150,000-(税込)
フェムト秒レーザー費用
片眼¥100,000-(税込)
例)多焦点レンズ挿入+フェムト秒レーザー使用
片眼¥450,000-(税込)
内訳 多焦点眼内レンズ手術費用
片眼¥350,000-(税込)
フェムト秒レーザー費用
片眼¥100,000-(税込)

※なお、入院の場合は、入院料・食事料として1日につき\21,600-(税込)が別途加算されます。
※上記の費用には、手術当日の全ての費用と手術後1カ月までの定期検査費用が含まれます。
  但し、手術後1カ月までの定期検査期間中であっても、レーザーを用いた白内障手術に関係ない診療に
  ついては、別途自費での費用がかかります。
※お支払いは日帰り手術の場合は手術当日に、入院の場合は退院時に費用の全額をお支払いいただきま
  す。

お支払い方法

お支払いは、現金またはクレジットカード(JCB、VISA、マスター、DC、ミリオン、アメックス、オリコ、セゾン、各種クレジットカードの取り扱いも可)の一括払いとなります。費用の件で何かご不明な点がありましたら1階会計にお尋ねください。

PageTop

文字サイズを標準に 文字サイズを大きくする