当院で受けられる手術

HOME > 当院で受けられる手術・治療 >PTK

ptk

PTKとは

PTKとはPhototherapeutic Keratectomy:治療的表層角膜切除術のことで、エキシマレーザー(VISX Star S4 IR®)を照射することにより、角膜の表層から実質の一部分までを切除するレーザー治療です。手術の対象となるのは、角膜ジストロフィ(顆粒状角膜変性症やアベリノ角膜変性症など)や帯状角膜変性、角膜混濁、角膜白斑などにより、視力障害のある症例です。角膜の濁りをすべて除去するわけではなく、視力に影響している部位の混濁除去を目的とします。PTKはiLASIK®などの屈折矯正手術ではないので、裸眼視力を良くするための治療ではありません。PTKにより、角膜の上皮および実質の一部を切除すると、角膜の厚みが減り、遠視化します。もともと裸眼視力が良い人は遠視になり、近視だった人は近視が減ります。平成23年4月から診療報酬改定により、PTKが保険適用となりました。

手術終了後は治療用ソフトコンタクトレンズをのせて、角膜を保護します。角膜上皮は痛みを感じやすいため、上皮が再生するまで痛みが続きます。角膜上皮は術後数日から1週間で徐々に再生します。上皮が再生したらコンタクトレンズをはずします。また視力回復には少し時間がかかります。

※上記写真の症例は白内障手術も行っています。

VISX Star S4 IR®エキシマレーザーについて

メリット

PTKは屈折矯正が目的の手術ではなく、角膜ジストロフィなどの角膜疾患の患者様に行う治療ですので保険診療となります。術後の矯正視力の向上を目的とします。
もともと近視の方の場合、PTKだけで角膜の混濁が取れるとともに、屈折矯正も同時に行われるので裸眼視力は向上する可能性が高くなります。
白内障を合併している場合、白内障手術とほぼ同時期に手術をすることにより、レンズの度数を選択できるので裸眼視力の向上が期待できます。

デメリット

ごく軽度の近視、正視、遠視の場合、手術後、角膜混濁が減少することでかすみは軽減しますが、遠視化することで裸眼視力が低下する可能性があります。その場合は眼鏡で矯正することができます。その他、角膜上皮が完全に再生するまでは痛みを伴うとともに、視力の改善には少し時間がかかります。

適応と禁忌

適応(適している方)

角膜ジストロフィ(顆粒状角膜変性症やアベリノ角膜変性症など)や帯状角膜変性、角膜混濁、角膜白斑などによる視力障害のある方。

禁忌(適していない方)

  1. 膠原病、免疫不全、自己免疫疾患のある方
    創傷治癒にかかわる疾患であり角膜上皮化遅延を起こしやすくなります。
  2. 角膜全層に及ぶ強い角膜混濁や白斑のある方
    レーザーによる切除のみでは不十分です。
  3. 角膜深層の疾患によって生じた角膜混濁のある方
    レーザーによる切除のみでは不十分です。

術前から術後までの流れ(治療の流れ)

適応検査・手術申し込み

手術前のオリエンテーション(生活指導、点眼指導、血液検査、レーザーに必要な検査)および手術申し込みを行います。

手術当日

手術時間は片眼で5分程度です。
手術後1時間安静にしていただいた後、帰宅となります。

術後診察

術後の検査・診察は、翌日、1週間、1ヶ月、3カ月、6ヶ月に行います。定期検診は術後の回復状態を知り、また合併症の早期発見のためにも非常に大切ですので、必ず受診して下さい。

PTK術後に起こる可能性のある合併症

眼痛、異物感、流涙 角膜の上皮を剥離するため、治療用ソフトコンタクトレンズを装着しますが、痛みや異物感が出すくなります。痛みは数日から1週間でおさまります。症状が強い場合は点眼や痛み止めの内服をします。
コンタクトレンズが外れる 術後、痛みや流涙、強い瞬きでコンタクトレンズがずれたり、外れたりすることがあります。その場合、強い痛みや異物感を生じます。外れた場合は眼科医がコンタクトレンズの再装着を行います。
角膜感染症 PTK術後は上皮欠損のため感染を起こしやすくなります。細菌や真菌の感染に対して予防に抗生物質の点眼を行います。感染症が発症してしまい、その後治療により感染症が治癒したとしても、角膜に瘢痕や混濁が残り、視力が十分でないこともあります。場合によってはレーザーで除去することもあります。
その他 まれに出現する症状として像のぼやけ、角膜混濁、目の乾燥感、角膜炎、角膜潰瘍、まぶしさ、乱視、不快感などがあります。

手術方法

  1. 点眼麻酔をします。
  2. まぶたを開く器具(開瞼器)を装着します。
  3. エキシマレーザー(VISX Star S4 IR®)を照射し角膜上皮を蒸散させます。
  4. 角膜実質にレーザーをあてていきます。(切除量には限界があります。)
  5. 治療用ソフトコンタクトレンズを載せて手術は終了です。

※角膜混濁をすべて除去するわけではありません。

生命保険の取り扱いについて

PTKは保険適応診療となります。ご自身で生命保険にご加入の場合、生命保険会社およびご契約内容によっては手術代金の一部が支払われることがあります。詳細につきましてはご加入の生命保険会社にお問い合わせください。

PageTop

文字サイズを標準に 文字サイズを大きくする