硝子体手術

HOME > 当院で受けられる手術・治療 > 硝子体手術

硝子体手術について

眼球のなかには硝子体という透明なゼリー状の組織があります。この組織が炎症や出血などにより混濁したり、網膜を牽引して網膜剥離となったり、様々な疾患を引き起こす原因となります。

この硝子体を切除するために白目の部分に小さな穴を3ヵ所開け、そこから細い器具を眼内に挿入し、眼の中の出血や濁りを硝子体と共に取り除いたり、網膜にできた増殖膜や網膜裂孔を治し網膜の機能を回復させる手術を硝子体手術といいます。

現在では手術機械の発達や手術技術の進歩により手術可能となる疾患も増え比較的安全に手術ができるようになりました。当院は最新の手術設備と熟練したスタッフにより、国内でもトップクラスの年間1000件を超える硝子体手術を行っております。

手術方法

ほとんどの硝子体手術は局所麻酔で行います。手術室で眼の消毒をした後に眼の下の部分に麻酔の注射をします。それでも手術中痛みを感じる場合は麻酔を追加することで痛みを取り除くことが可能です。

  1. まず白目の部分に手術機器を挿入する小さな穴を3ヶ所あけます。1つ目は術中に眼球の形態を保つための灌流液を入れるため、2つ目は眼内を照らす照明を入れるため、3つ目は硝子体を切除するカッターと呼ばれる器具やレーザーを入れるための入り口です (図1)。
  2. 硝子体を切除します。切除した分量だけ眼内に灌流液が入り置き換わっていきます。その後は疾患により、網膜上に張った膜をピンセットのような器具でめくったり、増殖膜と呼ばれる分厚い膜をハサミで切り取ったり、網膜にレーザーを照射したりと必要に応じて処置を行います。
  3. 網膜剥離や黄斑円孔などの疾患は、灌流液をガスに入れ換えて手術を終えます。

以上のように疾患によって手術時間や入院期間がかなり異なります。手術前に主治医から詳しく説明させて頂きますのでご安心下さい。

当院の手術機器

 アルコン社製 「コンステレーション」

当院では最新の小切開硝子体手術を行っております。従来の硝子体手術は20ゲージ(器具の太さの単位で約0.9mm)を用いていたため、結膜という白目の粘膜を切る必要があり、器具を差し込む入口が大きくなるため縫合を必要としておりました。これに対し小切開硝子体手術は23ゲージや25ゲージ(約0.5mm)という極めて細い器具を用いるため、結膜を切る必要がなく、器具を差し込む入口が非常に小さいので無縫合で手術を終えることができます。

利点として術後の回復が早く、眼の違和感や炎症を従来の手術よりも大幅に軽減することができます。そのため当院では疾患や病状によって日帰りで硝子体手術が可能です。

当院は全国に先駆けて最新の硝子体手術用機械(アルコン社製コンステレーション)を導入致しました。

当院の硝子体手術件数

2003年 655
2004年 694
2005年 729
2006年 727
2007年 936
2008年 997
2009年 1,048
2010年 1,092 
PageTop

文字サイズを標準に 文字サイズを大きくする