病院概要

HOME > 病院概要 > 院長あいさつ

院長あいさつ

多根記念眼科病院は1988年(昭和63年)に眼科専門病院として設立されました。この地に根を下ろしておよそ30年。創設以来積み重ねた伝統と供に、眼科分野における急性期病院として、また地域における中核病院としての役割を担っております。

近年の眼科医療の発展は目まぐるしく、患者様においても選択の幅が広がりました。当院では眼科各分野における高い専門性のもと、年間5,000件を超える日本トップクラスの手術実績を誇っています。また、臨床経験の豊富さに加え、最新の医療や設備をいち早く導入することにより、より安心より安全な医療を患者様に提供できるよう努めております。

しかしながら、今も昔も現場は患者様と医療スタッフの共同作業であることに代わりはありません。

環境や組織を作り上げる決め手は人の力です。医師、看護師をはじめとするコメディカルの専門スタッフとチーム医療を行うこと。また、その個人の力や特徴を掴み、才能を十分に発揮できるような集団を作ることで患者様が安心して医療を受けられる環境を整えてまいります。

一人ひとりの患者様を大切にする医療を心がけて、地域の皆様の期待に応えるべく邁進していきたいと思っております。

 

PageTop

文字サイズを標準に 文字サイズを大きくする